ドライアイ

ドライアイというのは、涙液の不足によって目の表面が乾く病気のことになります。現代ではパソコンがなければ生きていけない世界になりつつありますが、パソコン等のやりすぎによってドライアイの人口が急激に増えています。

症状としては、目が乾く、目が疲れる、いきなり涙が出る、目が痛むなどがあげられます。ドライアイが進行すると角膜や結膜に障害が起き別の病気を引き起こすことも考えられます。また目が乾いているため、目の表面にたくさんの傷がついてしまうこともあります。

ドライアイの原因として最もあげられるのが、目を酷使しすぎることでしょう。パソコン作業だけでなく、携帯電話の使い過ぎや車の運転、読書なども影響しています。また、乾燥した部屋に長時間いる場合も、必然的にドライアイになりやすくなります。部屋が乾燥していると涙が気化してしまいますので注意が必要です。

対策としては目を休めることが第一に挙げられるでしょう。長時間集中して同じ場所や距離感のところを見つめていると、それだけで目が疲れてしまいます。定期的に遠くを眺めたり瞬きの回数を多くするなどして、目をいたわるようにしましょう。

また部屋の湿度を保ったり、目薬を差すなどの対策も効果的です。ただし目薬を習慣的に差していると、目がその環境に慣れてしまって逆効果にもなりますので気を付けましょう。

症状が軽いうちはそのうち正常になることもあります。しかしドライアイの症状が長く続く場合は目の表面が傷ついていることも考えられます。早期発見が大事ですので、気になる方は一度眼科検診をするとよいでしょう。

目の病気

 
 

ページのトップへ