目の奥が痛い

目の奥が痛い、まぶたを押すと痛いというような方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?特に日常的にパソコン作業を行っている方や、携帯電話やテレビゲームなどで長時間遊ぶような方は、目の奥が痛くなることが多いようです。

単純に目の奥が痛いと言ってもその原因は様々なものになります。目が疲れている、ドライアイ、眼精疲労や緑内障など、原因には病気を伴うものもあります。それでは目の奥が痛いという場合には、どのような対応がよく効くのでしょうか?

その原因によって対処法は異なるのですが、どの原因にも共通して言えることは目を休めるということです。遠くの景色を眺めたり、温めてマッサージをしたりしてみましょう。しかし、それでも症状が良くならないという方は眼科で見てもらった方が良いでしょう。特に視力が低下したり、光を見るとまぶしいと感じる場合は緑内障の疑いもあります。

また、ストレスによって目の奥が痛むということがあります。パソコンで仕事をするような方は特に注意が必要です。ご自身の生活を振り返ってみて、ご自身に合った解決策を考えましょう。

できるだけ睡眠は7時間以上取るようにして、早寝早起きを心がけましょう。規則正しい生活をすることによってストレスをためにくくすることができます。また、日々の食生活にも気を配り、目に良いものを中心にバランスのとれた食事を決まった時間にとるようにしましょう。

目の奥が痛いという時にマッサージなどをしても、一時的に気持ちが良いと感じるだけです。原因となっている生活習慣を治さないと意味がありません。少しでも目をいたわる生活をするだけで、目の疲労度が大きく変わります。

症状別

 
 

ページのトップへ