頭痛を伴う

目が痛い、目の奥が痛いという症状を感じる方は多いと思います。目が疲れた時だけでなく、肩がこっている、首がこっている、頭が痛いなどの症状に伴って目の痛みが出てくることがあります。

最も多いのが、目の疲れによる頭痛になると思います。これは休息を取ることで目の奥の痛み、頭痛ともに解消されることがほとんどだと思います。これは疲れ目という症状になるのですが、眼精疲労になると休息を取ってもなかなか治りません。

眼精疲労は頭痛を伴う目の奥の痛みだけでなく、目がかすんで充血したり視力の低下につながります。また、胃の痛みや食欲不振、便秘を引き起こすこともあり、病気が進行するとうつ状態に発展することもあります。

眼精疲労は目の周りの血液の循環を良くするために、マッサージをしたり温めたりすると効果的です。しかし充血が長期間続いたり視力の低下を認識できるほどの症状が出た場合は、眼科で見てもらいましょう。

また、群発頭痛という頭痛は、頭の痛みとともに目の奥に痛みを引き起こす病気になります。目の後方にある血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥に痛みを感じるということになります。さらに涙腺をコントロールする自律神経が乱れることもありますので、頭痛と一緒に鼻水や涙が出ることもあります。

精神的なストレスから頭痛を伴う目の痛みを感じる方も多いようです。この場合は普段の生活を見直すことになるのですが、できるだけ睡眠時間を取り栄養のある食物を食べるようにしましょう。

症状別

 
 

ページのトップへ