原因

かすみ目とは、多くの方が経験する目の症状になるかと思います。視力の良い方でも、普段に比べると目の前がぼやけて見えたり、なんとなくピントが合わない感じがしたりするということがあるのではないでしょうか。

かすみ目になるには様々な原因があります。老化によるかすみ目、目の病気によるかすみ目、そして目の使い過ぎで眼精疲労によるかすみ目などです。そのうちの疲れ目や眼精疲労でのかすみ目の原因として、目のピントを合わせる機能が調節できなくなっているというのがあげられます。

長時間同じ距離のものを見続けているということは、目の中の水晶体などの筋肉が常に緊張状態にあるということになります。パソコンでの仕事やインターネットの利用、長時間のテレビゲームや読書など、同じような距離で長時間ものを集中して見続けるとピント調節機能が低下してしまいます。

その他には目を酷使することによって、ロドプシンの再生機能能力が衰えてしまうということもあり得ます。ロドプシンとは視細胞の中に存在している物質になり、ロドプシンが衰えていくとものが次第に見えづらくなり、進行すると眼精疲労になってしまいます。

老化によるかすみ目は、歳を重ねるにつれて誰もが経験することになるでしょう。いくら目の良い方でも次第に近くのものが見えづらくなり、それがかすみ目の原因となります。

病気が原因のかすみ目はドライアイや緑内障、白内障などの他に、糖尿病でも目がかすむという症状が現れます。ちょっとしたかすみ目でも、その裏では恐ろしい病気につながっていることがありますので、馬鹿にせずに慎重に考えましょう。

かすみ目

 
 

ページのトップへ