症状

目の充血の症状は、充血だけなら目の白目が赤くなります。大きく分けると結膜充血と毛様充血の2種類に分けることができ、これらの症状は若干違ってきます。

結膜流血とは白目の周辺が特に赤くなり、またそれと共にまぶたの裏も充血しています。鮮やかな赤色をしており、涙や目やにを伴うことが多いです。一時的なものも多く、放置しておいても治ることがあります。

毛様充血とは強膜充血とも呼ばれ、紫がかった赤色の充血になります。まぶたの裏側は充血せず、黒目の周辺が赤くなります。涙や目やには出ないことが多いのですが、これは目の疲労による充血の可能性も高いため、第一に目を休めることを考えましょう。

眼精疲労が原因で目が充血している場合は、次第に視力が落ちていく可能性もあります。また、目の痙攣やかすみを伴い、さらに痛みや頭痛、肩こりを伴うこともあります。そのため、充血とともにこれらの症状が現れた場合は病院でチェックしてみましょう。

ドライアイも同様に目の痙攣や目の痛みを伴うことがあります。ドライアイの場合はそれらの症状以外に、いきなり涙が出てきたりもします。ドライアイは進行すると結膜や角膜に障害が出てきますので、早めの対応が必要になります。

何かが原因でただ単に目が赤くなることもあるのですが、目の充血にはその他にも恐ろしい病気が潜んでいる可能性があります。目を強く擦っただけでも赤くなりますので、充血は軽くとらえられがちです。しかし、特に充血以外に目に異常を感じる際は、早めに眼科で確認してみるようにしましょう。

充血

 
 

ページのトップへ