原因

クマというのは、基本的には目の下が黒っぽくなる症状のことを指します。クマができると疲れているように見えたりしますし、美容上も好ましいものではありません。実際、睡眠不足が原因で疲れている際にできるクマもありますが、クマにもいくつか種類があるのです。

クマは黒グマ、茶グマ、青グマの3種類に分けることができます。黒グマは、舌のまぶたの薄い皮膚が突出することによりできる陰が原因となります。茶グマは肌のくすみが原因となっています。そして青グマは皮膚の下の血液がよどんで、それが皮膚を通して黒く見えるものです。

まぶたの薄い方や肌の色が白い方は、特に皮膚が透けやすくクマの症状が合わられやすいと言われています。さらに、冷え症の方もクマができやすいと言われています。

クマの原因の多くは、疲労や睡眠不足、日中のストレスで血液が鬱血して、それがまぶたの薄い皮膚を通して見えるということになります。健康で血流の状態が良い時の血液はきれいな赤色なのですが、睡眠不足などで血行が悪くなって血液中の酸素が不足している時には、ヘモグロビンの色が黒っぽく変色してそれがクマとしてあらわれています。

皮膚は年齢を重ねるとともに、薄く弱くなっていきます。もちろん目の下の皮膚も、さらに薄くなっていきます。さらに皮膚組織が柔軟性を失っていきますので、筋肉を支える機能が衰え目の下にたるみができます。このたるみや、むくみなどがクマの原因となる場合もあります。これらは改善しにくいクマになりますが、美容外科などに相談してみるとよいでしょう。

クマ

 
 

ページのトップへ